設けて安心

手すりの機能性と必要性

お手洗

普段の生活の中で、手すりの存在はたくさんあり、当たり前のような状態になっていればその機能性を見過ごしがちになります。しかし、いざその手すりがあるべきところに無ければ、その利便性や重要な役割に気がつくことになります。例えば、高齢者になったとき、階段や滑りやすい場所には体を支えるための手すりが必要です。また小さな子供にも同じようなことが言えるのです。そのため、最初の設計では予定されていなかった家の内装に、後になって必要性が出てきたために手すりを取り付ける、といったケースも随分と増えているのです。バリアフリー工事では必ずといってもいいほど、階段やトイレ、風呂、玄関等、あらゆる動線のある場所に手すりの取り付けが行われます。

取り付け工事の価格とは

手すりの取り付けは内装業者に依頼することが一般的です。その価格は使用する手すりの種類や場所、長さ等にもよりますが、一般的な家庭での工事を考えると数万円で済むケースがほとんどです。階段にはもともとつけられていることが多いので、新たに取り付ける場所として多いのは、トイレや風呂場といった高齢者が必要とする場所です。最近ではバリアフリーの工事例も多いので、その知識や技術に長けている業者も多く存在し、信頼できるうえに、価格も比較的抑え目で行ってくれるという状況にあります。利用するためには数社で比較検討し、最もお得と思える業者を選ぶことが大切です。バリアフリーの工事といえば、その他にもスロープの取り付けであったり、車椅子用の拡張工事であったりと色々な場所でそれぞれの費用がかかるので、検討する必要があるのです。